ウェザーライフのブログ

広島ネタ

「宮島水中花火大会」現地写真でみる穴場スポット

第4回 「宮島水中花火大会」の穴場スポット

2014年6月14日改訂

宮島水中花火大会特集 4回目の今回は、宮島に渡らなくてもきれいに見れる穴場スポット を紹介します。

宮島に渡る方はこちら→ 「宮島水中花火大会」を楽しく見るコツ 前編

フジグランの屋上駐車場はもはや穴場ではない!?

こちらが紹介するスポットの地図です。(赤丸が打ち上げ地点)

__4

➀フジグラン屋上の駐車場

「宮島は花火大会の穴場」と知恵袋などで検索して、まず出てくるのが①の「フジグランの屋上駐車場」です。確かにここはショッピングセンターフジグランの屋上ということで、高台であり、下に行けば食べ物やジュースがすぐ手に入いるので、花火を見るには持ってこいの場所です。

しかし、そのことをすでに皆さんご存知のようで、毎年大混雑します。さらに、島に渡る人もここで夕飯を購入したり、ここの駐車場に駐車して、広電で宮島に向かう人もいます。

つまり、宮島が「前線基地」だとすれば、ここのフジグランは「補給基地」のような役割を果たします。また、フジグランの屋上はかなり広いですが、実際に花火を見ようとすると目の前のマンションが邪魔になって一部の場所でしか見れないのです。

➁阿品3丁目の防波堤沿い

続いて➁。先ほどのフジグランから宮島よりに少し進んだところです。

__8

写真のように防波堤沿いの道になっているのでココに並んで見ることになります。もちろんさえぎる物などありません。

広電阿品駅やフジグランから近く、対岸で見るためのベストスポットでといえる場所です。当日は屋台も出るなど非常に賑わいます。2013年から屋台の出店が禁止になりました。防波堤の最前列で見たい場合は朝から場所取りが始まるので、対岸だからと油断せず早めに行った方がいいでしょう。

__5 __6

(写真:左)阿品寄り見た宮島と防波堤全景。
(写真:右)左写真奥の防波堤角部。

約400m続く防波堤でも、より宮島に近い側の角の周辺が人気でその場所取り争いは熾烈です。

なお写真でも分かるように、防波堤は1mくらいの高さがあります。この防波堤より目線の低い小さなお子さんがいらっしゃる場合はそれなりの対策が必要になります。

2011年と2013年、実際にこの場所から花火を見ました。やはり水中花火大会は水平線と同じ高さで見ると迫力が違います!!

ココから見た記事&広電阿品駅からの道順

➂阿品台のふじタウンの海側

__

こちらも広電阿品駅から徒歩圏内です。ゆるい傾斜になっていて奥に行くほど眺めがいいです。人は多いですが、遅く行っても最前列を確保することができます。

__2 __3

(写真:右)奥の最も眺めのいい場所。
(写真:左)右写真の場所からの眺め。

奥に行くと道がカーブしていて、歩道が広がり親切にベンチまで置いてあります。高さがあるので眺めも抜群です。この最高の場所を確保したい場合はやっぱり早めに行きましょう。

➃ガスト・釜揚製麺の駐車場

ガストや釜揚製麺の広い駐車場があり、ここから見ることができます。また近くにサンクスがあるので、飲みのなどを買うことができます。

➄安芸グランドホテルの船着き場周辺

カープの練習場があります。本当は、安芸グランドホテルに一泊してゆっくり見てみたいですけどね・・・予約でいっぱいだし、そもそもお金←これがガーン

➅ちゅーピーパーク

人も少なめで高台から見ることができます。

➃~➅まで共通して言えることですが、広島方面から行く場合、宮島口より先のため渋滞にかかる可能性が高くなるので迂回路をおすすめします。

そして、さらに遠く宮島SA⑧や木材港⑦から見る方法もあります。

__3
さすがにこの距離から見ると小さくなりますが、それでも宮島SAが夕方から満車になったり、木材港➇周辺にも多くの人が毎年見に来ています。

そして、穴場ではないですがおもしろいのが⑨。ここには、アーバンビュー渚ガーデンといゆう28階建ての高層マンションがあります。花火が始まるとここでは、下の階から上の階までカーテン全開にして花火を見ている人の影がたくさん!!下から見るとまるで「こうもり」みたいΣ(・ω・;||| なかなか見ることのできない光景でした。

珍百景に出してみようかな・・・

ここまで、「宮島に渡らなくてもきれいに見れる穴場スポット」について紹介しました。ぜひ参考にしてみて下さい。なお、付近の道路は混む会うので行動はお早めに。

次回は、花火を見ながら食べる、おすすめ宮島グルメを紹介します。

第五回 花火見ながら何食べる? 宮島絶品グルメ

対岸の穴場から見た宮島水中花火大会 2013

宮島水中花火特集 目次に戻る

目次

宮島水中花火大会 関連記事

コメントフォーム

*

スポンサードリンク