タグ:第47回気象予報士試験実技2

第47回 気象予報士試験 実技 <解いてみよう> 実技2問1

実技2問1 実技2は、「発達する南岸低気圧と、それに伴う太平洋側の大雪」題材ですね。 問1は見慣れた、天気図の読み取り問題です。この問題で、今後問われる現象の全体像を掴みながら、うっかりミスをしないように解いていきます。 問題文(1) 日本付近の気象 […]

第47回 気象予報士試験 実技 <解いてみよう> 実技2問2

実技2問2 問題文(1)[1] 図2(上) に記入されている500hPa 面のトラフA,B のその後の推移および地上の低気圧との係わりに関する以下の問いに答えよ。 [1]12 時間後にトラフA が5520m の等高度線と交差する位置( 東経(°))と […]

第47回 気象予報士試験 実技 <解いてみよう> 実技2問3

実技2問3 問題文(1) 前線は鉛直方向に厚みをもっており、転移層と呼ばれる。図9には、温暖前線の転移層の上下面と、寒冷前線の転移層の下面が表示されている。未記入となっている寒冷前線の転移層の上面を決定する根拠を述べた次の文章の空欄( [1] ) 〜 […]

第47回 気象予報士試験 実技 <解いてみよう> 実技2問4

実技2問4 問題文(1) 仙台市東部の降水のピークの時間帯を,一日の時間細分の用語に日付を付して答えよ。   最後の大問ですが、難易度はかなり易しめです。これまでの問題で残り時間が少なくなっていると思いますので、うっかりミスをしないように、 […]