ウェザーライフのブログ

ガジェット

Air Jacket for Xperia Z2×ハードケース比較

主にApple製品のケースやアクセサリを製造販売しているパワーサポートから初のAndroidスマホ用ケースが発売されました。同社のヒット商品Air JacketのXperiaZ2用ケースその名も『Air Jacket for Xperia Z2』です。

Amazonなどでは、6月16日発売となっていますが、UNiCASEにて6月3日から先行販売をしていたので早速購入してみました。以前から装着していたケースと比較しながら紹介いたします。

ZERO超極薄0.50mm ハードケース \1,814(税込)

まずは、XperiaZ2購入直後、まだ発売されているケースが少ない中で急遽購入したケースがこちら。

DSC09796

XperiaZ2購入レビューのときにチラッと紹介しましたが、LEPLUSの超極薄0.50mm ハードケースです。

DSC00379

装着。上と下の側面部分はオープンいなっています。左側面のマグネット端子上にあるmicroUSB端子やSIMカードが入るスロットにはケースを外さないとアクセス出来ないようになっています。

DSC00381

背面。カメラ部分、電源ボリュームボタン、カメラのシャッターボタンいずれもしっかりと開いているので操作に支障はありません。

しかし、問題が・・・

DSC00386

純正卓上アダプタ対応と書いてあるのに充電できないんですよ。アダプタにはちゃんとはまるのですが何度試しても充電できませんでした。私が購入した製品だけが不良品だったのかもしれませんが、これでは充電するたびにケースを外さないといけないのでとても面倒。

仕方がないので、次に購入したのがラスタバナナのハードケースです。

Xperia Z2用 ハードケース (クリア)\1,382(税込)

DSC00363
※写真はパッケージだけです。

こちらも純正卓上アダプタ対応とあります。大手の会社なのでさすがに大丈夫だろうと思い購入しましたが、結論からいうとイマイチでした。

DSC00369

装着。先ほどのハードケースとは違い上下側面部分も保護されています。しかーし、どういうことか最も傷つきやすい角の部分が露出している。ストラップホールのある左下は特に露出が激しくほとんど保護されていません。これはちょっとマイナス評価ですね。そして、microUSB端子やSIMカードが入る部分もオープンになっています。これは人によって評価が別れるかもしれませんが、私はmicroUSBやSIMカードを頻繁に抜き差しすることはないのでこの部分はオープンになっていないほうが良かったです。

DSC00373

背面。電源ボリュームボタン、カメラのシャッターボタンの開口部が大きくなぜか背面にまで達しています。一方で、カメラレンズ部分の開口部は小さめになっています。

写真で伝えられないのが残念ですが、なぜこのケースがイマイチかというと、側面の処理が甘く部品成形上発生するバリのようなものが残っているのです。スマートフォンを持つとき手に触れる部分なのでここにバリがあると少し痛いです。

純正卓上アダプタでの充電は問題なく出来ましたが総合的に少し残念なケースでした。

そんな中、あのパワーサポートから信頼のある『Air Jacket』のXperiaZ2用が発売さると聞いて飛びついたわけです。

Air Jacket for Xperia Z2 \2,680(税込)

DSC00388

湾曲したプラスチック製のハードケースに入っています。Air Jacketではお馴染みですね。

入っているのはケースのみで液晶保護フィルムなどは付属していません。

DSC00391

早速、装着してみました。

もちろんピッタリ。

DSC00394

背面。

DSC00391a

注目ポイントをまるで囲ってみました。形状は最初に紹介したLEPLUSの超極薄0.50mm ハードケースに近いです。上下の側面はオープンになっていて、microUSB端子やSIMカードが入る部分は開いていません。そして、重要な傷つきやすい角部分のカバー具合ですが、今回購入にした3商品の中では最も丁寧に保護されて角部分が完全に覆われています。これは、安心ですね。多少ぶつけても本体に傷が入ることはなさそうです。

DSC00394a

電源ボリュームボタン、カメラのシャッターボタンの開口部もちょうど良く操作性も問題ありません。

ラスタバナナ製のケースで問題になった側面の部品成形上発生するバリですが、こちらは、綺麗に処理されていて滑らかなので触れても気になりません。

厚さは製品ホームページを確認しても情報がないので正確な数字はわかりませんでしたが、公称最薄0.9mmのラスタバナナ製ケースより薄く、公称最薄0.5mmのLEPLUS製ケースよりは厚いといったところです。

DSC00397

純正卓上アダプタでの充電も問題なくできます。

透明のハードケースなんて一見どれも同じように見えますが、細かいところで違いが出てきます。Air Jacketは比較的高価ではありますが、その分品質は高いです。毎日使うスマートフォンですから、ケースもデザインだけでなく手に持ったときの質感も重要です。そういった意味でもAir Jacketはよく考えられたケースだと感じました。
言いたいことがあるとすれば一つだけ。XperiaZ2の発売日に発売してほしかった・・・

DSC00525a

コメントフォーム

*

スポンサードリンク