ウェザーライフのブログ

ガジェット

ワイヤレスマウスM705tとロジクールの製品保証

これまで、パソコン本体、モニター、スピーカーについてレビューしてきましたが、今回はマウスのお話です。

現在、使用しているマウスはロジクールのMarathon Mouse M705tというマウスです。この春、ディスクトップパソコンを導入するのに合わせて購入しました。私は、有線マウスは配線が煩わしいからという理由で7年間ワイヤレスマウスを使い続けています。これまで、バッファローやサンワサプライ、エレコムなど各社のマウスを使ってきましたが・・・結論からいうとこのマウス、今までで一番使いやすいです。

まずはこのマウスの特徴から見ていきましょう。

Marathon Mouse M705tレビュー

DSC00734

こちらがパッケージ

DSC09182a

中身は、本体 USBレシーバー 単三電池×2 取扱説明書 保証規約書。ユーティリティCDは付属していません。必要なソフトはダウンロードするようになっていますが、USBレシーバーを指してマウスの電源を入れるだけですぐに使えます。

DSC00760

ボタン数はホイールを含めて6個。多ボタンマウスでは定番の戻る/進むボタンもちゃんとあります。このボタンはネットを見る上で必須と言ってもいいくらい。私は以前からこの戻る/進むボタンのあるマウスを選んで購入しています。

電池寿命は3年間

まず、このマウスの優れていることといえば電池持ち。マラソンマウスというだけあって電池2本で最大3年間の電池寿命を実現しています。まだ実際に3年間使ったわけではありませんがロジクールのマウスはとにかく電池持ちがいいと評判なので今後に期待です。

高速スクロール機能が便利

このマウス最大の特徴が高速スクロール機能。ホイールの下のボタンを押すとロックが外れてホイールが「シャーァァァァァァ・・・」と回り続けます。これが、数十ページに及ぶPDF文書を読むときや長いwebページを回覧するときなどにめちゃくちゃ便利なんですよ。

Unifyingレシーバー

DSC00839

100円玉よりも小さい極小レシーバーは最近のワイヤレスマウスでは標準となってきていますが、このマウスのレシーバーはUnifyingレシーバーといって、対応しているロジクール製品を最大6台まで1つのレシーバーで接続できます。つまり、マウスとキーボードの両方を使ってもUSBポートを1つしか占領しません。

なお、この機能を利用するにはロジクールのホームページからLogicool Unifying Softwareというソフトのインストールが必要です。

名称未設定 1

インストールすれば後は簡単。指示に従って作業を進めれば接続完了です。

フィット感が抜群

これは個人差があるかもしれませんが、私が今まで使ってきたなかでは、手に持ったとき一番しっくりと自然にフィットします。大きすぎず小さすぎず、親指が触れる側面のカーブもちょうど良い。表面がマット加工なので指紋が目立ちにくいのも良いところです。

2ヶ月後突然電源が入らなくなる

そんなこんなで、お気に入りとなったワイヤレスマウスM705tですが、購入から2ヶ月で突然電源が入らなくなりました。電池を入れ替えも、パソコンを再起動しても変化なし。マウスを初期化するためにconnectボタンを探すも見当たらず(M705tはパソコンで管理しているためconnectボタンが存在しない)

まだ買ったばかりなのに~と思いつつネットで解決方法を探っているとロジクールの製品保証は神対応であるとの書き込み。ロジクールの保障は修理ではなく全て新品交換になるとのことでした。それならばと、ホームページからメールで問い合わせることもできますが、できるだけは早く対応してほしかったので直接カスタマーセンターに電話をかけることに。

カスタマーセンターに電話をかけると繋がるまで数分待たされることも多いが、月曜日の昼間だったということもあってかすぐに繋がりました。

電源が突然入らなくなった趣旨を伝えると、故障の可能性が高いので新品交換になるとのこと。この後、担当者からのメールを受信するためメールアドレスを口頭で伝えることになります。電話をしてもメールのやりとりになるなら最初からメールですれば良かったかなと思いつつスペル間違えないように伝えると、すぐに担当者からメールが送られてきます。このメールが届いたことを確認して電話は終了。ちなみに、外出先からの電話だったので、周囲の騒音でアドレスを伝える作業がなかなか大変でした。

送られてきたメールに従って、名前や住所、製品型番などを記載して製品保証書と販売店を確認できる書類(レシートなど)の写真を添付して返信します。しかし、ここで保証書を紛失していることに気づく。この記事の2枚目の写真を見るとわかると思いますが保証規約書はあっても肝心の保証書がありません。どうやら保証書はパッケージに貼り付けてあったらしくそのまま捨ててしまったようです。仕方がないので、ヤマダ電機からもらったメーカー保証書添付用のレシートと求められていないけどマウス本体が一緒に写っている写真を添付して送信しました。

神対応のロジクールさんは保証書が無くても新品交換してくれると書き込みにあったのでそれを信じで待つこと2日。

製品の出荷が完了したとのメールが届き・・・

その翌日

DSC00728

ヤマト運輸によって新品のマウスが届きました。電話問い合わせから3日後。素早い対応に感謝です。

DSC00742

同じマウスが2つ。右が新品。

DSC00738a

保証書はこの部分に添付されています。今度こそ無くさないよう切り取って取扱説明書に挟んで保管しておきましました。

さて、残念なことに2ヶ月で壊れてしまったマウスM705tでしたがすぐ新品に交換することができました。3年間保障なのでまた壊れてもいつでも新品交換できますし、3年間保障ということはそれだけ品質に自信があるということ。今回は運悪く壊れていしましましたがもう壊れることはないでしょう。

ちなみに6月30日現在、このマウスは価格.comマウス売れ筋&注目ランキング1位になっています。

コメントフォーム

*

スポンサードリンク